読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sholem Aleykhem!!

Satoko Kamoshida's Blog 鴨志田聡子のブログ.

『文化人類学入門』祖父江孝男著

文化人類学入門』、とっても面白いし読みやすいです。昔の学者って、博識で、いい感じで大雑把ですごいんだなと思います。

大学の図書館にあった本ですが、相当ボロボロでシミだらけの状態でした。よく読まれたことがわかります。

文化人類学という学問は(・・・)昭和40年代も半ばを過ぎて(・・・)急にポピュラーな存在となってきた

ということで、いろいろ教科書みたいなものができたらしいのですが、

無味乾燥になりがち、相当高度なことを盛りだくさんに、限られたスペースに入れているから、相当に難解

概説書にありがちなことは、あまり多くの学者や学説を列挙しすぎていて、そのおのおのについては抽象的な記述しかなく、そのために読んでもよくわからず、消化不良におちいりがち

うーん、教科書って立派な人が読んでもやっぱり難しいんだな。

ちょっとホッとしました。

書く方も必死ですが、読む方も必死・・・。

著者に会って1分話しただけで、その人が言いたかったとこがすっとわかることがあります。書きことばで簡潔に表現するって難しいんだなってことでしょうか。

そこでこの本では(・・・)必ず具体的な説明をつけることのできるもののみをあげ、抽象に陥る危険のあるものはカットするようにした。

(以上、祖父江 1979 p.i-iii)

高校生とかにも人類学のことが理解できるように、この本を書いたみたいです。

著者はいろいろ妥協して頑張ったんだなと思いました。私も頑張ろう。

もっと早く読んでいれば・・・でも高校の時読んだ気もしてきました。

祖父江先生がどんな方かご存知の方は、いつか機会があったら教えてください。

以下、私のまとめです。世界にはいろいろな人がいるけれどみんなそれぞれ素晴らしいから、人間同士お互いに敬意を払って生きて生きましょうってことだなあ。人間以外の生き物についても相手を大事にすることが大切だとおもう・・・。生活しているといろいろ複雑な事情があるから、難しいこともたくさんあるんですけどね・・・。

 

東京外国語大学のウェブサイトでフォーワードの記事が紹介されました。

TUFS, Tokyo University of Foreign Studies, introduces this article on its website.
東京外国語大学のウェブサイトで、イディッシュ語新聞に掲載された記事が紹介されました(日本語の要約あり)。

東京外国語大学イディッシュ語のクラスが開講され、1学期、3ヶ月という短い間だったが、28人もの学生が受講した。東京外大は、様々な外国語の専門家を育成する大学である。イディッシュ語を受講したのは、ポーランド語専攻、ドイツ語専攻の学生が多く、ヨーロッパやアジアの様々な言語を専攻している学生もいた。学生たちの多くは自分たちの専門分野を追求する上でイディッシュ語に興味を持ち、同大学でしか学べないものを学びたいと考え受講した。(続きはウェブサイトで↓)

『東欧の想像力』&『現代イスラエルにおけるイディッシュ語個人出版と言語学習活動』

先日『東欧の想像力』という本を著者の方からいただきました。本を書いた人に会えたり、もらえたり。私も本に関わる仕事をしていて本当に良かったと思う瞬間です。

出版された時に面白そう!読みたい!と思っていたのに、日常に飲み込まれて読めないまま忘れていたのでした。

なんと、この本と拙著『現代イスラエルにおけるイディッシュ語個人出版と言語学習活動』の表紙がとても良く似ているのです!『東欧の想像力』を読み終わったら本棚には並べておいてあげよっと♪と思っています。

f:id:syidish:20170302102345j:plainf:id:syidish:20170302102354j:plain

頂いた時に、私の本と似てます!と言いたかった。

ですが、嬉しいのと驚いたので言いそびれてしまったのでした。

なんとも嬉しい偶然です。

とても面白い本で、東欧の専門家たちが色々な作家を紹介しています。東欧の文学いろいろが一気に概観できるという便利な本です。私も授業で使おう〜。と思いました。

ホロコーストを逃れた後人のその後 映画『エヴァ』

重い映画でした。暗かった・・・。

乾いた明るい大地に住む人たちの暗い過去。

一度に一度区切りをつけたのに、ひきづり続ける昔の人生。

ホロコーストとは別の話ですが、女性の人生の影が描かれている点で、『甘い泥』(2006)を思い出しました。

こちらはキブツの話(あらすじを書いてあるサイトがありました。こちら)です。

2016.tiff-jp.net

『夜と霧』のヴィクトール・E・フランクルや、ホロコーストを描いた児童文学『走れ、走って逃げろ』知られる作家ウーリー・オルレブの作品には、極限状態を生き抜いた人々の想像を絶するポジティブさと運の良さが描かれています。

ちなみにオルレブの作品は映画『ふたつの名前を持つ少年』になっています。

 

私もイスラエルホロコーストを逃れた人に何回か会ったことがありました。その人たちは明るく前向きで、壮絶な過去を抱えながらも本当に輝いていました。こういう人は救われるんだなあ、私も前向きになろう・・・。その人たちをみて思ったものでした。

 

ご近所からアフリカまで 本『手話の世界を訪ねよう』

ものすごくわかりやすい本でした!

手話が一つの言語であること、それをはなす人たちに共有された文化があることがよく説明されています。

話者のネットワークもご近所の手話サークルから国際的なつながりまで非常に幅広く充実していることがわかりました。イディッシュ語とかエスペラント語の活動に似ていると思いました。

途中、「フィールドワーク」、「参与観察」、「文化相対主義」、「エティックとエミック」、「多様性と普遍性」、「ラポール」といった、文化人類学のキーワードも簡潔に説明されています。

挿絵もかわいいですよ。

とても勉強になりました。

手話の世界を訪ねよう (岩波ジュニア新書) | 亀井 伸孝 |本 | 通販 | Amazon

イスラエル社会と超正統派 映画『ティクン』

ティクンという映画をみました。主人公が非常に良い味を出していた・・・。なんと超正統派出身とのことです。一部の超正統派ユダヤ人コミュニティーでは、現在もイディッシュ語で日常生活を送っている人々がいるのですが、彼もその一人でした。でもかれは、もうコミュニティーを出てから何年間もあんまり喋っていない。といっていました。

 

主演を務めたトライテルは、「映画もテレビもまったく見ない、とても閉ざされたコミュニティで、結婚相手もその中で見つけ、世の中とは切り離されて生活しています」という、厳格な戒律の中で生きるユダヤ教超正統派のコミュイティで15歳まで暮らし、「私は神を信じていますが、コミュニティでは、神という概念を使って人々をコントロールする、政治として使われることに耐えられなかった」との理由で自分の意思で世俗に戻ったと明かす。(「映画.com速報」より引用)

 

 

eiga.com

イディッシュノート

イディッシュ仲間のあや(Aya Yoshinoさんが作ってくれました!デザインも紙もとても素敵です。仲間が増えると思ってもみなかったものができて、とっても楽しいですね。ありがとう!イディッシュやっててよかった!

a matone fun mayn studetntike un khaverte Aya Yoshino! Aya arbet ba drukeray (typographishe) un zi hot es original gemakht.

 

f:id:syidish:20170223093731j:plain

 

アーティストのあやさんのお店はこちらですー。おしゃれ。
printworksstudio.com