読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sholem Aleykhem!!

Satoko Kamoshida's Blog 鴨志田聡子のブログ.

イディッシュ語についての入門書(日本語編)

イディッシュ語のことを書いた本は色々あります。

まず初めの一冊をすすめるとしたら・・・迷っちゃいますね。

でもこれかな。

イディッシュ語 (文庫クセジュ)  新書 – 1996/11 ジャン ボームガルテン (著), Jean Baumgarten (原著), 上田 和夫 (翻訳)

とりあえず、イディッシュ語にまつわるひと通りのことが書いてあります。

 

なんとジャン・ボームガルテン大先生は、イディッシュ語は話せないらしいです(本人が話せないと思っているだけかもしれないが)。ちょっと前まではイディッシュ語を勉強したら文献を読むって感じだったんですね。そのことを話しているインタビューはこちら。素敵な感じですよ〜。

Jean Baumgarten | Yiddish Book Center

イディッシュ語を一緒に勉強した友達とおしゃべりするって時代じゃなかったんだなあ。私のイスラエルイディッシュ語の先生も、そういうことを言ってました。「僕がイディッシュ語で話すようになったのはここ10年くらいだよ」って。話し相手は自分で育てたみたいです。子どもたちに言葉を教えるなんて、なんかパパ&ママですね。すごい。

 イディッシュ語を日常会話で使う人の出現っていうのはここ最近。ってことで。

 (ちなみにニューヨークは別です。ニューヨークでイディッシュ語を勉強した人たちの話を聞くと、一緒に勉強した人たちとイディッシュ語で話していたと思われます)

 

で、また本の話に戻ります。こちらはオススメです。面白いし、読みやすい。一人で読んでよくわかるし楽しめます。やはり、あの上田先生のかかれたものなのですよね。すごい。

イディッシュ文化―東欧ユダヤ人のこころの遺産 単行本 – 1996/12 上田 和夫  (著)

 

ちなみに上田先生が『月刊言語』(今はもう出ていない)という雑誌に書かれた連載も面白いです。見つけたら読んでみてください。

 

ユダヤ人の概説にもイディッシュの話が出て来ます。他の項目と併せて読むとイディッシュ語の立ち位置もわかってくるので見てみてください。

ユダヤ学のすべて (ハンドブック・シリーズ) 単行本 – 2009/4/1 沼野 充義 (編集)

 

この本にはイディッシュ文学について書かれています。

東欧の想像力 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/23 奥 彩子 (編集), 西 成彦 (編集), 沼野 充義 (編集)

上記二つとも西先生が書かれていると思います。

 

こちらは有名なThe Joys of Yiddishの翻訳版です。Newって書いてあるから続き物が出たのかな。私はドイツ語版を読んだんですが、内容はけっこう面白いけど、一人で通読するにはちょっとあきてくる感じです。日本語版はどうだろう。広瀬先生はアメリカのイディッシュ語関係者に知られています。私はまだお会いしたことがなく、いつかお会いしたいです。

新イディッシュ語の喜び 単行本 – 2013/6 レオ ロステン (著), 広瀬 佳司 (監修), Leo Rosten (原著)

 

入門書ではないけれど私の博士論文もイディッシュ語について書いてあります。

イスラエル国家建国以降、イディッシュ語話者が子供たちとはヘブライ語を話さず、イディッシュ語が廃れてしまったこと。それでもイディッシュ語の新聞や雑誌は自転車操業(またはジリ貧)で発行されてきたこと。世俗ユダヤ人のイディッシュ語母語話者たちが高齢化して少数になる中、イスラエルで盛んになったイディッシュ語の活動について書いてあります。現地で色々な人に話を聞いて、色々な資料を読んでまとめた作品です。

現代イスラエルにおけるイディッシュ語個人出版と言語学習活動 単行本 – 2014/2/1 鴨志田 聡子 (著)

 

ちなみに、私のかつての師匠の本にもイディッシュ語が紹介されています。

ことばと国家 (岩波新書) 新書 – 1981/11/20 田中 克彦 (著)

この本/師匠のおかげで私もイディッシュ語を知りました。

 

今回書ききれなかった本はまた紹介します。これも入れて!という方はご連絡ください。本か本のコピーを送ってくださると(PDFでもOK)紹介できるのが早くなると思います。

イディッシュ語の教科書(基礎編)

イディッシュ語の教科書といえば、

とにかく持っておきたい最初の一冊はこちらです。

www.amazon.com

アメリカの東欧系ユダヤ人の若者のために書かれたこの教科書。

英語で育ったイディッシュ語話者の子供や孫の世代が、

英語でイディッシュ語を学べる仕様になっています。

一課ごとにお話が付いていて非常に興味深いです。

 ただ、この教科書が書かれたのはもう半世紀以上前なので、

イディッシュ語話者からするとちょっと古く感じるみたいです。

確かにお話を読んでいても時代を感じます。昔のことがわかる感じがいいんですが。

 

College Yiddishはいいんだけどちょっと古くなっちゃったからなあ。

という理由で書かれた教科書がこちら。

www.amazon.com

良い教科書としてよくオススメされるんですが、日本人が勉強する場合にはどうだろう。

基本的な会話文に、ちょこちょこわからない表現が出てきて、くじけそうになります。微妙な表現がわかんないんですよね。

独学で使おうとすると難しいですが、イディッシュ語をとってもよく知っている人と勉強すると楽しいです。

 

そして、最近出たのがこちら。ジャジャーン!

www.amazon.com

 CD付きやキンドル版、ウェブの音声もあり、とっても使いやすいです。CDには英語の音声も入っています。英語とイディッシュ語が切り替わるのが面白いです。詳しくは聞いてみてのお楽しみ。

 

そして、日本語の教科書もあります。イディッシュ語日本語の辞書と同じく、我らの上田和夫先生が書かれたものです!

非常に良いのですが絶版なのと、イディッシュ語の会話を楽しむようにはできていません。イディッシュ語を読みたいという方、文法説明は日本語で読みたいという方には良いと思います。

イディッシュ語文法入門2008/3 上田 和夫

エクスプレス イディッシュ語 単行本 – 2000/3 上田 和夫 

イディッシュ語の辞書

イディッシュ語の辞書といって、一番最初に名前があがるのがこちら。

Modern English-Yiddish / Yiddish-English Dictionary

(English and Yiddish Edition)  by Uriel Weinreich

初めてイディッシュ語を勉強する人はもちろん、もう話せるという人も、いわゆる標準語ではどう言うか、どう書くかチェックするためにとりあえず持っておいた方がいいです。

 

最近話題なのがこちら。

Comprehensive English-Yiddish Dictionary Bilingual Edition

by Gitl Schaechter-Viswanath  (Editor), Paul Glasser (Editor)

英語の単語をイディッシュ語でどういうか調べたい時に便利で、わりとあたらしめの単語でも載っています。いいと思います。とても大きいので、持って歩けません。

 

そしてとても評判が良いのが、こちら。

Comprehensive Yiddish-English Dictionary

by Solon Beinfeld  (Editor), Harry Bochner (Editor)

 

じつ上の英語版は、下のフランス語の辞書の翻訳版です。もともとはこちら。

Dictionnaire yiddish-français Relié 

by Yitshok Niborski (Auteur), Bernard Vaisbrot (Auteur), Simon Neuberg (Auteur)

フランス語ができる方はこの辞書が便利かもしれません。

 

ちなみに、これらの辞書はオンライン版もあります。

Yiddish Dictionary

 

このサイトは有料なんですが、iPhoneでも使えてとても便利です!

ラテン文字でもヘブライ文字でも入力できます。一押しです。

アプリ、出して欲しいな!

 

ただ、オンライン版は無料のもあります。このサイトではラテン文字で入力する必要があります。Yiddish Dictionaryでなくても載っていそうな単語はここでひくとお得です。

Yiddish dictionary lookup

 

文学を読むとき便利。たくさん単語がのっているのがこちら。 

www.amazon.com

そして日本人の方に朗報!とってもいい辞書があります!!!

イディッシュ語辞典 

by 上田 和夫 

ただし定価六万円ほど!

絶版になっていましたが、現在(2017/2)は売ってるみたいですね。

中古で安いのがある時に買うとお得です。

前は絶版で、八万円になっていました。

私は図書館でひいてます。

日本が誇るべきイディッシュ語の研究者、上田和夫先生のお仕事の傑作です!

ソビエトイディッシュ語を読む時にも便利なようになってます。

大蛇を巻いた人

2016年6月末にエルサレムでみたこと

エルサレムではユダヤ人がたくさん住んでいる地域の商店や交通機関は、シャバット(安息日)でほとんど休みになってしまう。シャバットは日没から始まるのだが、その一時間前くらいには店もバスも止まってしまい、ぐっと静かになる。
エルサレムの夏は、ムシムシしてない分楽だけれど、太陽がものすごく照りつける。水を持って外出しないと、自分が道路で干からびたミミズになりそう。エルサレム到着当日で、私はとても疲れていて、旧市街(アラブ人地区では店が開いている)まで遠出もできなそうだった。なのでとりあえず週末にどこにも行かなくても飢えなくて済むようにと食料を買いに行くことにした。宿泊先の近所にあったスーパーに行くとなんと・・・。
大きな蛇を首に巻いてる男の人がスーパーに来ていた。8年前、私が留学中通っていたいくつかのスーパーではそんな人を見たことはなかったし、他の人からそういう話を聞いたことはなかった。
スーパーでは、店の入り口で女性のお客さんが店員さんに怒鳴っていた。お客さんは「危ないわよ!注意してよ」と言ったが、その店員さんは結構落ち着いた口調で「彼はいつも違う蛇を巻いてくるんだよ〜」と言っていた。その女性は「おかしいでしょ!」と激怒。
店員さんは、怒りに行くのは気が引ける(し、どうせもうすぐ安息日で店閉まる時間だし)といった感じだった。でもお客さんはずっとひとこと言いに行くようにと店員さんを説得した。
お客さんから説得され、店員さんはしぶしぶ大蛇の人のところに出動していってひとこと言った。大蛇を巻いた人のところにはすでに何人かの店員さんが集まっていて「蛇はダメだ、禁止だ」などと叱っていた。大蛇の人は「何が問題なんだよ」と逆ギレ。店員さんはことばに詰まっていた。「そういえば何が悪いんだっけ・・・」って思ってるんじゃないだろうか・・・。でも気を取り戻して言い返した「そ、それは、危険だからだ!」。普通じゃない。初めて見た。
 
広告を非表示にする

非ヨーロッパ系ユダヤ人とホロコースト

キリル・フェフェルマン(Kiril Feferman)という研究者による「ナチ占領下ソ連の非アシュケナズ系ユダヤ人の運命」(“The Holocaust in the Crimea and the North Caucasus: The fate of non-European Jews under Nazi occupation”)という題の講演を聞きました。この地域のことは関わっていないとなかなかわかりにくいと思うのですが、東欧・ロシア・ユダヤ史研究の重要人物、高尾千津子先生の解説付きでわかりやすくお得な会でした。

彼は『クリミアと北カフカスにおけるホロコースト』(The Holocaust in the Crimea and the North Caucasus, Yad Vashem, 2016)という本を英語で出版しています。

私は非ヨーロッパ系のユダヤ人とホロコーストについて、まとめて本になっているのはあまり見たことがなかったのですが、ちらほら聞く話だったので興味を持っていました。

カフカスコーカサス)は、ドイツにとってモスクワ包囲や中東進出のための割と重要な拠点の一つだったとのこと。そこにはユダヤ人が住んでいました。ドイツ占領地にいるユダヤ人。ヨーロッパのユダヤ人だったら、掃討の対象になっているところだったが・・・。

この地方は、第二次世界大戦でドイツが占領したなかでももっとも東で、一般のホロコーストの文献などで全然扱われないので、この地域の話はあんまり知られていない話みたいです。フェフェルマンも、どこの国でもあんまり知られてないんだけどといっていました。

カフカスクリミア半島はドイツ軍に占領された時期が異なるのと、軍司令官のユダヤ人に対する態度も違っていました。こういったことが、この地方にいたユダヤ人の運命に影響したようです。

フェフェルマンによれば、ここのユダヤ人はタルムードを持っていなかったみたいで(全くなかったわけじゃないかもしれませんが)、宗教的にも厳密にはヨーロッパ系と違ったみたいです。まあそれでも宗教的にはユダヤ教の一部だったのですが、民族的にはヨーロッパ系ユダヤ人と違ったみたいです・・・。フェフェエルマンがここ出身のユダヤ人に会った感想は「彼らは山に住んでてタフ」、ヨーロッパ系と違うみたいです。ドイツは、非ヨーロッパ系ユダヤ人に対して、ヨーロッパ系ユダヤ人に対してとは別の対応をする事にしました。

ユダヤ人たちの処遇をどうしようか・・・。ドイツは遠征先では決められず、ベルリンと相談しなきゃいけなかったようです。しかもたんにユダヤ人を同行すればよいという話ではなかった・・・。北カフカスには、イスラム教徒がたくさん住んでいて、そこのイスラム教徒は山岳ユダヤ人とけっこう仲が良かったようです。

ドイツ的にはこの地域をモスクワ包囲や中東進出の拠点の一つと考えており、要所を荒らしたくなかったとのこと。イスラム教徒に悪く思われないように配慮する必要がありました。もし山岳ユダヤ人にひどいことをしたら、ドイツとそこのイスラム教徒との関係を壊してしまう・・・。

そこで、まあ山岳ユダヤ人は三千人くらいと比較的少人数だし、非ヨーロッパ系だし、彼らのためにこの地域で問題を起こして今後の可能性を断つのは得策ではない。ここはひとまず穏便に済ませようということになりました。

山岳ユダヤ人、イスラエルにも住んでいるみたいです。フェフェルマンは山岳ユダヤ人に直接会って調査したと言っていました。私もいつか会いたいです。

講演のあとで雑談して知ったのですが、彼はイディッシュ語を話す人でした。なんだか和む時間でした。

【LUNCHEON LINGUISTICS】「イディッシュ語とは何語か」

東京外国語大学 語学研究所というところがあって、そこでお昼の時間にいろんな研究者の話を聞くという企画ランチョン・リングイスティックスというのがあります。私も話させてもらいました。機会をいただけてよかったです。スライドはこちら

日時 2016年6月22日(水)12:00~12:40
場所 東京外国語大学 語学研究所(府中キャンパス 研究講義棟4階419号室)
題目 「イディッシュ語とは何語か」
発表者 鴨志田聡子(東京外国語大学非常勤講師、東京大学人文社会系研究科研究員、東京大学先端科学技術センター協力研究員)

 

 

別れ

2008年、エルサレムで「またね」と言って別れてから、何年も現地調査ができない時期がありました。あの「またね」が「八年後」の2016年になるとは。

去年の夏、八年ぶりに六日間だけエルサレムとテルアビブを訪問しました。お世話になったいろいろな人たちに再会しました。「行くよ!」「今いるよ!」と言ったら、「会おう!」と言ってくれた人たちがいました。八年経っても覚えていてくれるんだな、嬉しいなと思いました。会う人ごとに近況報告をして号泣してしまった・・・。

この時結構高齢の女性に会いました。二人でとにかく自分たちの家族の近況を話しました。彼女は帰り際に「あなたが来てくれてよかったよ」と言ってくれました。ハグして「また。元気でいてください」と言ったのだけど、なんだか様子が今までと違いました。返事がなかった。なんだか妙な気がしました。

その少し後、その人にはもう会えなくなりました。ある日、イスラエルの全く知らない人から今日彼女が亡くなったとメールが届きました。彼女へのお悔やみのことばがあれば息子さんに連絡してと。悲しかったです。その日はもう何も手につかなくて、空を見たりしてました。

この女性はイディッシュ語話者でした。何年か前に文章にしました。

A woman and a language: In the case of a Yiddish speaker in Israel

Satoko KAMOSHIDA, PaRDeS : Zeitschrift der Vereinigung für Jüdische Studie 14, 155-161, 2008

広告を非表示にする