ユダヤ人と言語 Jews and Languages

Everyone is minority. Yiddish in Japan. みんな何かでマイノリティ

イラン生まれのイスラエル人

Rita is in Japan.

イスラエルにはイラン系ユダヤ人が沢山います。イラン生まれのユダヤ人、リタさんにお会いしました。彼女は歌手なのですが、イランのお話を再話してヘブライ語で出版しました。これは『白い池 黒い池』として日本語になってます。国語の教科書でなじみのあった光村から出てて嬉しいです。

『白い池 黒い池』はイランのお話です。親しみやすいお話なので、ぜひ読んでみてください。

f:id:syidish:20181106223139j:image

リタさん来日でツーショットのチャンス到来。写真は禁止でしたが関係者の方がとってくださいました。本持っててラッキーでした。

彼女がShah Dumadという歌を歌ってましたが、私はそれがとても好きになりました。ペルシャ語だと思います。ネットでShah Dumad(Shah Doomad)を検索してみてください。アンコール前の最後にペルシャ語の歌を選んだのも印象的でした。

 

政治、テクノロジーその他で日本とイスラエルの関係は一層深まりそうですが、そんな時こそお互いの文化と社会を理解することは大切なはずです。

イラン現地のユダヤ人コミュニティは大変大きく、イスラエルにもたくさん移住してます。ヘブライ語ペルシャ語を聞きながら育ったユダヤ人が結構います。ユダヤ人社会は一枚岩ではなく、結構複雑なんだと知っておくことは重要です。ユダヤ人の多様性にも気付けるし、現在のイスラエルとイランの対立もまた違って見えると思います。

 

女子力高いリタさん。うしろに見えるのは在日本イスラエル大使とそのご主人です。

f:id:syidish:20181106223145j:image

(鼻の下のびてるてこのことです)

リタさん、自分の本の紹介してます。日本語で本あってよかったですね。翻訳したのは母袋夏生さんです。

Rita Foruz, one of the very famous beloved Israeli singers, born Iran, was in Tokyo.

I felt power of a book. The book about a story in Iran was translated by Rita into Japanese. And I had it. Because of the book, I could take a photo with her.
We couldn’t take photos freely and because of that the first photo is a bit foggy.

エグザイルのあつしさんもいらっしゃいました。

f:id:syidish:20181107101134j:image