ユダヤ人と言語 Jews and Languages

Yiddish in Japan みんな何かでマイノリティ

理不尽と、ことばの力

不幸にも、理不尽にぶちあたってしまったとき、みなさんはどうしますか?

そんな時こそ、書く力を発揮できるのかもしれません。書くことで自分も救われるのかもしれません。良心がある人がそれを読んでくれたら、理不尽に傷つけられた魂はだいぶ癒されるのかもしれません。私は書くことの重要性をイディッシュ語の作家たちから学びました。

自分はどのことばなら書けるのか、誰に向けて書くか、何のために書くのか。ユダヤ人たちとイディッシュ語で文学を読みながら考えさせられました。もし彼らが書かなかったら、私は何が起こったかを知ることはなかったと思います。東欧でのユダヤ人の生活、ユダヤ教のこと、移住のこと、ホロコーストでの犠牲、イスラエルでの生活など、イディッシュ語の作家たちは、今と未来の仲間たちに向けてメッセージを発信していたのだと思います。イディッシュ語でなければ書けなかった作品が大部分だっただろうと思います。

みなさんもご経験があるのではと思いますが、私はちょっとした伝達のメッセージでも、手紙でも、レポートでも、論文でも、ただ書くだけなのに結構大変な思いをしています。中でも、辛いことや言いにくいこと、自分でも何が起こったのかわからないことを書くのは大変です。

イスラエルイディッシュ語文学の研究者によれば、ホロコーストユダヤ人の作家たちはしばらくその現実を書けなかったそうです。東日本大震災と福島の原発事故からしばらくして、日本の作家が同じような話をしていた気がします。

自分たちに何が起こったのか受けとめてことばにする作業は、かなりの苦しみと痛みをともなうけれども、自分を救うためにも、何があったかを明らかにするためにも、やれる人がやらなければいけないのだろうと思いました。

先日、ホロコースト生存者の知人の奥さんからご主人が亡くなったという知らせを受けました。私は9年前くらいに博士論文のための調査をしていたときにその方に出会いました。
(そのあと書いた博士論文『現代イスラエルにおけるイディッシュ語個人出版と言語学習活動 』こちらです。)

亡くなったその方は、ホロコーストで自分に何が起きたのかについて、イディッシュ語で話してくれました。奥さんも同席していて、最初はみんなでヘブライ語で話していたのに、ホロコーストの回想がイディッシュ語になったことに驚きました。ホロコーストについてはたくさんの人が書いていますが、まだまだ書かれていない現実が人の心の中にたくさん眠っているんだと感じました。このインタビューはまだ私の心の中にしまってあって、何もしていません。これはいつか何とかしたいと思っています。

そして、私個人も言語化できない体験はたくさんあるのですが、言語化すると、何が起こったのか整理できて、もし恵まれていれば誰かがそれを読んでくれます。理不尽なこと、悲しかったこと、そして、嬉しかったこと、ほっこりしたことなど、ことばにすれば遠くの人にも未来の人にも届けることができます。

どのことばで誰に届けるか、自分はどのことばならそれについて書けるかというのは、複数の言語を使う人にとってはいつもあるテーマなんじゃないかと思います。


最近偶然見つけた看板でしたが、じっとみてしまいました。
お互いの理解を促進するため言語化するのも一つの有効な手段だと思います。

白水社『webふらんす』の連載 第2回

白水社のウェブサイトにイディッシュ語についての講演の飜訳を掲載中です。イディッシュ語の基礎を知ることができます。また、ユダヤ人の考え方を垣間見ることができます。「あなたはイディッシュ語を知っていますか」第2回、どうぞお楽しみください。

 

↓リンク

「あなたはイディッシュ語を知っていますか」ミリアム・トリン博士講演録 第2回 | web ふらんす

3. イディッシュ語は「つぎはぎ」の言語
イディッシュ語ヘブライ文字
 イディッシュ語は、一般的に中高ドイツ語から派生したゲルマン語だと言われています。でもユダヤ人はイディッシュ語ヘブライ文字で書いてきました。ヘブライ文字ユダヤの伝統的な表記法だからです。ラテン文字キリスト教の教会との繋がりから・・・(続く)

↓続きはこちらからwebfrance.hakusuisha.co.jp

 

なおこれは連載です。

↓第1回はこちらから

「あなたはイディッシュ語を知っていますか」ミリアム・トリン博士講演録 第1回 | web ふらんす

まもなく第3回目も掲載される予定ですのでどうぞお楽しみに!!

 

岩波新書『ユダヤ人とユダヤ教』

一般の方にも玄人の方にもおススメです。東大の宗教学研究室の市川裕先生のご著書です。

ユダヤ研究をやっている人もそうでない人も、とりあえずおさえておきたいことがかなりわかりやすくまとまっています。日本人として長年ユダヤにガチで取り組んでいらっしゃる著者だからこそ、日本語でここまでわかりやすく説明できるんだろうなあと思いました。想像するに、断片的にではなく流れでここまで説明しきるのは、かなり大変な作業なんじゃないかと思います。

本の学校教育では、残念ながら、ユダヤ人について学ぶ機会が乏しいです。けれども世界について知るためにはユダヤについての知識は不可欠です。

ということで日本人ももっとユダヤについての基礎知識をある程度体系的におさえておく必要があります。

この本は長年国を持たなかったユダヤ人の歴史や考え方を知るのに便利です。

イディッシュ語についてもいろんな項目で触れられています。必読。

f:id:syidish:20190210133031j:image

ユダヤ人とユダヤ教

市川裕 著

ユダヤ人とユダヤ教 - 岩波書店

↓ちょっと読めます。

https://www.iwanami.co.jp/moreinfo/tachiyomi/4317550.pdf

「ユダヤ人、ユダヤ教、イスラエル」かわさき市民アカデミー

2019年度前期、ユダヤについての社会人向け講座があります。私はイディッシュ語について話します。

f:id:syidish:20190122082647j:image

ユダヤについて幅広く知ることができます。

詳細はこちらにお問い合わせください:

川崎市の生涯学習 認定NPO法人かわさき市民アカデミー

パンフレットより。

f:id:syidish:20190122082840j:image

f:id:syidish:20190122083046j:image

 

 

バラハスで見たもの

1月6日は公現祭という祝日でした。

公現祭 - Wikipedia

その前夜、バラハスというところに泊まりました。マドリードの住宅地という感じでしょうか。空港も近かったので飛行機の音が結構しました。

バラハス - Wikipedia

泊まった部屋からの景色。

f:id:syidish:20190113132701j:image

街中と違って、ちょっと移動しないと食事にはありつけませんでした。

それと、この地域には南米の人が多いことがわかりました。

夕飯を食べるために8時ごろ通りに出ると(スペインでは夕食のためのレストランなどの開店時間は8時ごろから。開いている場合も、店の人から夕飯はまだ作れないと言われることもありました)、なんと子どもたちがたくさんいました。

f:id:syidish:20190113132846j:image
f:id:syidish:20190113132841j:image

アルゼンチン料理屋がある広場に向かいました。すると、大音量の音楽が。

広場にはステージもあって人であふれていました。子どももたくさんいて踊っていました。

ゆるキャラも出てました。

f:id:syidish:20190113132915j:image

f:id:syidish:20190113132946j:image
f:id:syidish:20190113132935j:image
f:id:syidish:20190113132955j:image
f:id:syidish:20190113132931j:image
f:id:syidish:20190113132939j:image
f:id:syidish:20190113132943j:image
f:id:syidish:20190113132950j:image
f:id:syidish:20190113132909j:image

なんとも言えませんが、楽しかったです。南米にも行ってみたくなりました。

実は、私のイディッシュ語の先生の多くも、スペイン語の先生も南米出身または在住です。

ちなみに、アルゼンチンやブラジル、メキシコにもイディッシュ語話者がいます。

 

バスク語でアイヌ語のこと

サン=セバスチャン(カタルーニャからバスク - ユダヤ人と言語 Jews and Languages)にいるときに、バスク語をたくさんききました。

バスク語:

バスク語 - Wikipedia

単語レベルならスペイン語や他の言語と似ているものもあり、なんとかなることもあるのですが、それより長くなるとわかりませんでした(とはいえみんなスペイン語ができます)。同じ研究室にバスク語ができる人がいるので、彼のことを改めて尊敬しました。

サン=セバスチャンではかなりの人が英語ができますので、バスク語ができなくても住めるそうです)。

入口がバスク語スペイン語、フランス語の三言語表記のサン=セバスチャンの図書館

f:id:syidish:20190109150300j:image

バスク語は聞いても聞いても、自分が知っているどの言語とも似てない気がして、これを学ぶのはかなり難しいなあと思いました。

バスク語の意味が想像つかないので、同じような思いをしたアイヌ語のことを思い出しました。

駅で見つけた三言語表記。一番上はスペイン語ですが、2番目のバスク語が太字。3番目の英語はフォントを小さくしてありました。

f:id:syidish:20190109145514j:image

言語学者の故田村すず子先生は、アイヌ語で有名でしたがバスク語も研究していました。

私は学部生の頃田村先生から「耳がいいっ!」と何度かスカウトされて、田村先生の研究室でバイトを始めました。内容は、アイヌ語話者へのインタビューの書き起こしです。

そもそも日本語じゃないし、話の内容もわかんないし、日本語にない音がたくさんあるし、むちゃ難しいです。

忘れかけてる言語なのにハードな調査に付き合っているアイヌの女性。。。その肉声をテープできいていたら、私は心が痛み、悩みに悩み、バイトを辞めました。

↓ところでこちらは興味深かったです。

田村すず子先生の情熱と真剣さ、愛が伝わってきます。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/gengo1939/1996/109/1996_109_140/_pdf

バスクのねこ

地元の人にすすめられて古い港に行きました。最後渡し舟で向こう岸に行きました。散歩してると猫が。かわいかったので見てたら来てくれました。

f:id:syidish:20190104203131j:image
f:id:syidish:20190104203043j:image
f:id:syidish:20190104203109j:image
f:id:syidish:20190104203113j:image
f:id:syidish:20190104203039j:image
f:id:syidish:20190104203032j:image
f:id:syidish:20190104203138j:image
f:id:syidish:20190104203028j:image
f:id:syidish:20190104203019j:image
f:id:syidish:20190104203014j:image
f:id:syidish:20190104203142j:image
f:id:syidish:20190104203053j:image
f:id:syidish:20190104203024j:image
f:id:syidish:20190104203118j:image
f:id:syidish:20190104203122j:image
f:id:syidish:20190104203105j:image
f:id:syidish:20190104203050j:image
f:id:syidish:20190104203135j:image
f:id:syidish:20190104203058j:image

バスクに来ました

バルセロナから5時間半、ついにサン=セバスチャンに着きました。飛行機と違って動きやすいですし、なんといっても地上を走っているだけですし、気軽で快適でした。

f:id:syidish:20190104160309j:image

きれいなところです。建物もマドリードバルセロナと違います。人の顔や体格も違うように思います。背が低くて大きい感じです。

f:id:syidish:20190104160349j:image

言葉はスペイン語と、バスク語(全然わからない)と、英語とフランス語がきこえてきます。
f:id:syidish:20190104160324j:image

ビーチ沿いの遊歩道。広くてさわやか。
f:id:syidish:20190104160417j:image

水がきれいです。
f:id:syidish:20190104160424j:image

この辺は日本人が8人くらいました。
f:id:syidish:20190104160341j:image

きれい。。。地中海とまた違います。
f:id:syidish:20190104160256j:image

み、水が透き通っている!
f:id:syidish:20190104160333j:image

公園もたくさんあります。

どこも混んでます。

f:id:syidish:20190104161055j:imagef:id:syidish:20190104160356j:image

見守りしている保護者が真剣な顔してに話してます。日本の「ママ友の輪」と違う雰囲気。

f:id:syidish:20190104161104j:image

夜の公園。といっても6時すぎです超寒かったですが、子どもたちは元気でした。大人は公園の隣のカフェのテラスで飲み物飲んで、自分たちの話に真剣になってます。日本にもこういうのがあればいいなと思いました。
f:id:syidish:20190104160317j:image
f:id:syidish:20190104160409j:image

カタルーニャからバスク

カタルーニャからバスクに移動しています。

f:id:syidish:20190103155340p:image

バルセロナからサン=セバスチャンまで電車で5時間半です。結構長い時間です。飛行機で移動する距離かもしれません。

とりあえず快適なのでよかったです。

f:id:syidish:20190103155438j:image

朝8時、外は暗くてまだ景色もほとんど見えません。

iPhoneのカメラがいいのか、目で見るよりははっきりした景色が写真にうつりました。

f:id:syidish:20190103160007j:image

カタルーニャからバスクに移動するので、ことば、料理、気候など、いろいろ違いがありそうで楽しみです。

バスクには20年前に一回行ったことがあります。どの駅だったか忘れましたが、どこかからマドリードに行くために、列車の乗り継ぎで3時間待ちました。駅のまわりを散歩して、ランチにパエリア食べて、空が青くてすごく気持ちよかったのを覚えてます。

浜での元旦

初日の出、見に来ている人がほとんどいなくて貸切状態でした。後から来たカップルが叫びながら動画撮ってたのが不思議でした。

日本語が下に続きます。

We have a tradition to wait and see the first sunrise in every year on January 1st. But in this morning, we were the only human being in this beach. 

Just after the sunrise, someone came here and screamed at their phone. Maybe they were making a video greeting.

f:id:syidish:20190101210343j:image

民泊先で朝食しつつ、締切を1時間過ぎてそうな原稿を出しました。その後、日が昇って暖かくなってきたのでベランダに出て、白ワイン飲みました。

さらにあったかくなったので、二度寝した子たちと浜に行って遊びました。

f:id:syidish:20190101211810j:image

海で泳いでる人もいました。寒そう。裸になって手を叩きながら大声をだして海に入っていって、友達か誰かにビデオ撮ってもらっている人もいました。

それをジロジロ見てる人もいたんで、一応それなりに異様な光景だったのではないかと思います。

f:id:syidish:20190101210831j:image

足くらい入れても大丈夫です。

f:id:syidish:20190101210645j:image

遠くまで来たけど、浜でユニクロのダウン着てる人見つけました。ユニクロってなんだかすごいですね。

スペインの新年

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

みなさまはどんな新年をお迎えになりましたか。

f:id:syidish:20190101102620j:image

私は新年を楽しんで、何年ぶりかに腰痛と肩凝りがない時間を過ごしましたが、今日締め切り(西海岸なのでまだ時間があり)の発表の要旨を考えてました。

それと今、スペインのカタルーニャ地方に来ていますのでスペインの新年がどうだったかレポートします。

まず、地中海沿いのシトヘス(Sitges)というところにいます。なので海をみながらあっちに泳いで行くとモロッコ、あっちはカイロ、イスタンブル、そしてテルアビブなんだなあ、と、グーグルマップスをたよりにおもってます。最近スペイン出身のユダヤ人の調査をはじめたこともあり、昔のユダヤ人も想いを馳せたのかなあと、私も勝手に想像しました。

f:id:syidish:20190101093458p:image

ちなみに、スペインでは新年へのカウントダウンでは、鐘の音に合わせて12粒のぶどうを食べるそうです。二人のスペイン人からちゃんとそれをやるように言われました。

鐘が鳴るタイミングで食べるためには、何も気にせず皮も種も勢いよく飲み込むか、あらかじめ種と皮取って食べやすくする必要ありそうです。

なんとなく、正月の餅の悲劇的なニュースを思い出すのは私だけでしょうか。

そんなわけでそのまま食べるのはそれなりに大変なので、スーパーには12粒入りのパックも売ってました。ただ普通のぶどうをグラムで買うこともできてそっちの方がずっと安いです。それをむいて種もとっている、人が大忙しといった様子がテレビに映ってました。

12個を人数分やるのは難しいからとりあえずなんでもいいから煮込んどくと安全で良いかもしれませんが、それでも良いんでしょうか。

テレビのrtveというチャンネルでは、大晦日のカウントダウン前まで、コメディをやってました。新年の料理番組、レストランからの生中継など、結構場面が切り替わりました。あまり意味はわからなかったけれど、とりあえず忙しく、良い感じに面白かったです。コメディには、カタルーニャ独立運動ネタも出てきました。なんというかドリフっぽかったです。

f:id:syidish:20190101083117j:image

一回テレビを消して、12時になる頃、もう一度つけました。するとカウントダウンしてました。これがぶどう食べるところです!

↓今9粒目を食べるところで、次、10粒目です。

f:id:syidish:20190101082359j:image

マドリードのプエルタ・デ・ソル。ここで12回鐘が鳴るのが生中継されてました。Happy 2019と書いてあります。

f:id:syidish:20190101082356j:image

生中継。↓はしゃぐマドリードの司会。実況中継はしてません。置いてかれた感じもしますが気のせいのはず。

やはり、勝負服は赤と黒が多い印象。

f:id:syidish:20190101082816j:image

どこかの仲間と交信中。こちらは黒と白。

f:id:syidish:20190101082836j:image

花火を見るのが終わったら、袖がすごいってことがわかりました。

f:id:syidish:20190101082942j:image

とりあえず楽しいし、明るいのはいいなと思いました。

カタルーニャにいるからかもしれないですが、カタルーニャのチャンネルもありました。そこでは年明け直後は刑務所で牢屋に入った人が出てくるドラマをしてました。生放送はなかったのかもしれません。

近所では花火があがってました。叫び声も聞こえて楽しそう。通りに出たら盛り上がってたかもしれません。パキスタン人の店は開いてるけど、普通の店はどんどん閉まりました。明日も結構閉まるみたいです。ちなみに大晦日でもクリスマスシーズンが続いていて、テレビでは日本でクリスマスの時期にきくような歌も流れてます。店ではクリスマスグッツを(割引しないで)売ってます。

今年もお世話になりました

おかげさまで今年は東京外国語大学でのイディッシュ語のクラスも3年目となり、充実した年でした。

イディッシュ語を勉強してくださった方々、講座をさせてくださった方々、きいてくださった方々、執筆や翻訳の機会をくださった方々他たくさんのみなさまにお世話になりました。心よりお礼申し上げます。

さて、今年は去年にも増して日本でのイディッシュ語のクラスが欧米やイスラエルで話題になりました。海外で続いてきたイディッシュ語研究活動や学習活動のおかげで、私もイディッシュ語の研究と学習を続けることができました。東京でも外大で3年前からイディッシュ語の授業が開講され、今までお世話になったイディッシュ語関係者に恩返しができた気がします。東京でのイディッシュ語学習活動は、イディッシュ語話者に喜ばれ、海外のイディッシュ語学習活動を盛り上げる一つの助けになったと思えたからです。今年もたくさんの人たちからイディッシュ語でありがとうを言ってもらえました。

語学は地道ですが、話者や他の学習者とつながることで、想像を超えた楽しさを手に入れることができると思います。何語にかかわっている方もそうだと思います。ことばというものは、話者の文化を目に見えないものまで含めて反映していますし、まさしく文化の核といえるでしょう。

東京オリンピック開催に向けて異文化理解の重要性が話題になっています。せっかく盛り上がってきたので、これを機に他者の文化の面白さに気がつけるようになればと思います。イディッシュ語であれ何語であれ、時間をかけてその文化を学ぶ語学はその助けになるはずです。ということで、来年も語学にかかわります。

ケレット新刊『クネレルのサマーキャンプ』

翻訳者の母袋夏生さんにいただきました。

個人的には「パイプ」と「君の男」が好きでした。以前ケレットが来日したときにほんのちょっとお話しできたのですが、彼もイディッシュ語話者の子孫です。
bookmeter.com
母袋さんについては以前こちらにも書かせていただきました。
対談「母袋夏生さんと、『突然ノックの音が』について語る」のこと - ユダヤ人と言語 Jews and Languages
ヘブライ語児童文学翻訳者のこと - ユダヤ人と言語 Jews and Languages
数年前までケレットのことはすごく気になっていたのですが、正直言って今回はなんだかいまいち入り込めなかったです。全部読んでみたけれど、やっぱり気持ちは変わらず。今回の本がこれまでと違うのか、私が変わったのかわからぬまま、ちょっとショックでした。
ということで、なんともいえません。もしまだでしたら、ケレットの『突然ノックの音が』を読んでいただきたいです。あとは、一部私が試訳したThe Seven good yearsも読んでみていただきたいのですが、こっちは残念ながら出版されていません。
それにしても今回のケレットを読んでいたら、なぜかまたオルレブの作品を読みたくなってしまいました。
bookmeter.com

白水社webふらんすに掲載されました

イディッシュ語にていてイディッシュ語で説明してもらう講演会を2016年秋に早稲田大学文化構想学部で開きました。

講演の和訳が白水社さんのwebふらんすに掲載されましたのでお知らせいたします。

「あなたはイディッシュ語を知っていますか」ミリアム・トリン博士講演録 第1回 | web ふらんす

こちらの記事はシリーズになっていて全3回の予定です。

Here is the Japanese translation of the lecture by Dr. Miriam Trinh in Yiddish. The web site is called “web france” by Hakusuisha which is one of the most pupular publishing companies for foreign language studies in Japan. This publisher has a great series of foreign language textbooks.

書籍検索:語学書 > ニューエクスプレス - 白水社

I am writing a Yiddish textbook and trying to put Yiddish there. For that, I need someone to check my Yiddish textbook, studio and speakers for its CD. It could be kind of voluntary work... So that, it seems that it’s not easy to find someone to spend their time for that. But I think, if I could someone or some funds for that, it would work. Please help me and Yiddish in Japan!!

ニコルソン・ベーカーの『U&I』

私にとっては難解な本でしたが、有好さんがとても読みやすく訳してくれているので、どんどん読みすすめられます。

f:id:syidish:20181221112504j:image

ニコルソン・ベイカー 著   有好宏文 訳

これを訳されたなんて、翻訳者の有好宏文さん、すごいと思いました。

いろんな知識があって、すごく頭の回転がはやい人の話を聞いてるときと似た気分になります。知らないことがポンポン出てくるのですが、有好さんがしばしばイメージつきの注をつけてくださってます。自分で調べなくても読み進められるし、かといって、文章の邪魔にもなってません。

f:id:syidish:20181221114136j:image

私も翻訳するときに、原文の面白さをそのまま伝えられたらと思う一方で、説明を入れるか、わかりやすく言いかえるか、迷います。他の翻訳者にも相談しますが、みんなそれぞれのポリシーをもっているようです。それぞれの人が、ジレンマを抱えている(いた)こともわかります。

有好さんは、難解だけれどものすごいスピードで進む勢いある作品を、こうやって日本語にしたんだなと思いました。翻訳者魂を感じ、刺激されました。

有好さんの訳者あとがきには、「いまは、逆立ちでフルマラソンを走ったせいで、逆立ちでしか走れなくなったひとのような気持ちでいる」と書いてあります。

私もほんのちょっとだけイディッシュ語に関係あるところをお手伝いしたので、いただきました。こんなにすごいのを訳す方がいらっしゃるなんて、刺激されますね。

U&I - 白水社より

内容説明

「読者」と「作家」の奇妙で切実な関係

独特の緻密かつマニアックな作風で日本でもコアなファンをもつ著者が、大作家アップダイクに対する思いを綴った自伝的エッセイ/ノンフィクション。


アップダイクを「読まずに語る」!

『中二階』、『室温』、『もしもし』など、独特の緻密でマニアックな作風で知られる著者が、大作家ジョン・アップダイクへの思いを語った自伝的エッセイ/ノンフィクション。