ユダヤ人と言語

Satoko Kamoshida's Blog 鴨志田聡子のブログ.

見えない・きこえない世界

東京大学の先端科学技術センター(私も研究員として所属してます)で、映画『もうろうをいきる』先端研上映会とトークセッション | イベント | 東京大学がありました。

この映画は、都内のいくつかの映画館で公開されています。予告編だけでもぜひご覧ください↓。

youtu.be

(映画『もうろうをいきる』公式サイトはこちら)

将来的には全ての映画に字幕と音声をつけようとしている大河内直之先生たちが開発されているアプリUDCastの紹介もありました。

(UDCast - 全てのコンテンツに字幕と音声をはこちら)

『もうろうをいきる』は、もうやろうの人、全もうの人が出てくるドキュメンタリー作品です。見えない、きこえない環境でその人たちが周りの人たちとどのような関係を築いて人生を歩んでいるのかが描かれています。

出演者の人生が描き出されていてとても感動的でした。私も途中何度か涙を流しましたが、会場には他にも泣いている人たちがいました。

司会進行、トークセッションでは手話通訳に加えて、文字通訳もありました。全もうの福島智先生は指通訳で参加していました。UDCastでも内容が終えたとのことです。

トークセッションでは、私は主に耳からきいた情報で内容を理解していました。ただ、ちょっときき逃したり、自分の中で内容を整理しきれなかったときは、しばしば、左のスクリーンに書き出されている話の内容を見ました。誤解を恐れずに正直なところを言うと、とても助かりました。

特に熊谷先生のお話は(自分にとってかなり新しいテーマだったのですが)、自分の研究と関係が深かった・・・。

最近目があまりみえなくなってきているという人が会場にいらっしゃいました。フロアからのコメントを求められたとき、こんなことをおっしゃってました。サポートがあっても映画の内容を追うのが精一杯だった、自分にとって(見えてたときは)映画は娯楽だったんだなと思ったとか、ずっと内容を追っていくのが大変だったから途中休憩を入れて欲しかったといったことでした。

彼が大変だったというのは、外国語学習を始めたばかりのときに、必死で字幕をみながら映画の内容を理解しようとするときみたいな感じでしょうか。今まで見えていたものが見えなくなっていくときの不安や複雑な思いを抱えながらのことだったんじゃないかと想像します。

そんな中、私はイスラエルに留学しているときのことを回想しました。私はもうの先生にイディッシュ語で研究の指導をもらっていました。先生はたくさんの本を読んでいて、たくさんの人を知っていました。熱湯を使って、紅茶を入れて、お茶菓子にモーツアルトチョコを出してくれたこともあります。そんな先生があるとき、「ぼくも目が見えなくなったときは最初はパニックだったよ」と話してくれました。

途中から見えなくなる人は、状況に慣れるまではかなり大変なんだろう、そして、だんだん見えなくなる時はとても怖いんじゃないかと想像します。

映画『もうろうをいきる』をみて、言語とかコミュニケーションというものについてもう一度考えました。とくにもうの人との会話についてです。私はイディッシュ語ヘブライ語は話せるけど、日本手話は5つくらいのことしか話せません(しかもかなりあいまい)。メールでは直接話せる相手と、会った時は手話通訳をしていただかないと話せません。相手のことばが話せたら、もっと距離感が縮まるんだうなと思いました。

今年の夏にエジプトやトルコに行ったときに、現地の人とのコミュニケーションの際、アラビア語が話せればとかユダヤスペイン語(ラディノ語、ジュデズモともいう。イスタンブルユダヤ人の中にまだ話せる人たちがいる)が話せれば・・・と悔やんだことを思い出しました。

単に言いたいことが通じることばかどうかっていうだけじゃなく、そしてそれぞれの人の心に突き刺さる・響くことばかどうかっていうのがあるんだろうって私は考えてます。

トークセッションが終わり、イベントがおひらきになった頃、手話通訳の方々(何人かが交代でやっている)が、ここの手話はこんな風にしていたけど、こうした方がいいよとか、反省会をされているのを垣間見ました。毎回鍛錬を重ねられているんでしょうね。私も頑張ろう!と思ったのでした。

また今回の会場では、さまざまな言語が飛び交っていました。「そこにいた人たちの頭や心の中ではいろんな複雑な情報が整理されていたんだろうな」などと考えながら代々木上原箱根そばで天ぷらそばを食べたのでした。

トークセッションの登壇者:
登壇者:西原 孝至(監督)、山上徹二郎(本作企画・プロデューサー)、熊谷晋一郎(先端科学技術研究センター 准教授)、福島智(先端科学技術研究センター 教授・本作出演)
司会:大河内直之(先端科学技術研究センター 特任研究員・本作企画)

トーマスさんのこと

スウェーデンに住んでいるアーティストのトーマス(Tomas Woodski)さんは、イディッシュ語のテレビ番組を作っています。

スウェーデンの公共放送(Sveriges Utbildningsradio - Wikipedia)の子ども番組として放映されています。インターネットでも番組を見られます。

番組リンクはここです!:

Sökresultat: Jiddisch - UR Skola

いろいろなお話がありましたが、とくにダンボールのロボットのシリーズは、優しいお話が多くて心が温まりました。もしよかったら見てみてください。

スウェーデンでは、イディッシュ語が国のマイノリティ言語として認められているとのことです。トーマスさんたちは今も新しい作品を作っています。これからもとっても楽しみです!

f:id:syidish:20171104071842p:image

 

 

英語版フォーワードに記事が載りました

イディッシュ語でフォーワードの記事を書くことはわたしにとって長年憧れでした。そしてイディッシュ語で書いた記事を英語に翻訳して英語版のフォーワードに載せてもらうことは夢でした。その夢がついにかないました。

f:id:syidish:20171023224620p:image

英語になった記事はここです↓

Japanese Students Learn Traditional Yiddish Dances – The Forward

わたしは子どもの頃、クラスの担任の先生に交渉して新聞係を作り、壁新聞を作っていました。なんでも書き放題に書いていたし、いろんな人に記事を書いてもらうのが楽しくて、大学に入る頃には新聞記者になりたいと思っていました。

でも大学に入ってからサツ回りとか番記者の話を聞きました。怖い人を担当することになったら嫌だなって思って悩んだ末(他にも勉強を続けたいとか、就職氷河期とか、そもそもテスト受かんないんじゃないかとかそういう事情もあったんですが)、新聞記者にはなりませんでした。

イディッシュ語やったりヘブライ語やったり、その話者の人たちがどうしてるか調べたりと、しているうちに、途中色々ありましたが、気がついてみれば一応は研究者になってました。そんな中、去年、回り回って、イディッシュ語で新聞を書くってことになりました。これはネタになるから是非新聞に書くようにとアメリカの人からすすめられました。ニューヨークの新聞に自分の記事を、ビロビジャン(ロシア極東部)の新聞に自分のインタビューを載せてもらいました。

今年はニューヨークの記事が英語に訳されて、2つ目の夢が叶いました。よかった。よかった。

今は記事を書くのにものすごい時間と労力がかかってます。なので、あんまりたくさん書けません。私は細かい文法が弱いのと、日本ローカルの独特な状況がうまく伝えられないのとで結構苦労してます。ということで、海外の人の助けを借りてなんとかやってます。これからだんだん書くことに慣れて、コンスタントに発信できるようにしたいです。これを次の夢にしようって思います。

 

 

映画『オリーブの山』のこと

パンフに映画の解説書かせてもらいましたー。

イスラエルヘブライ語の映画です。

この映画の主人公は一見幸せそうな主婦なんですが、実は墓場に住んでます。かなり悶々としてて、そも気持ちのやり場がなさそうで大変そうでした。監督は主人公の女性は彼女のおばあさんからきいたいろんな女性の話から着想を得て映画を作ったとのこと。遠くに住んでる女の人も、昔の女性もモヤモヤしてるんだなって思ったら、なんか親近感わきました。

でも映画の終わりはヒョエーって感じでした。全然親近感わきませんでした。
ところでこの映画祭は日本で唯一の国際女性映画祭らしいです。
あいち国際女性映画祭2017 – Aichi International Women's Film Festival

 

パブリッシャーズ・レビューのことば紀行のこと

白水社パブリッシャーズ・レビューのことば紀行のコーナーにイディッシュ語のコラムを書かせていただきました。夏号は長屋尚典さんの「タガログ語」でした。多分偶然ですが、長屋さんにはいろいろお世話になっているのです。大変光栄です。白水社さん、ありがとうございました。

私は結構普通のことしか書かなかったのですが、長屋さんのを冷静に読んでみて、自分はどうして普通のことを書いてしまったんだろうと思いました。いつかもっと面白いのを書きます。

夏号の6ページ目が長屋さんの回。

http://www.hakusuisha.co.jp/files/review/2017summer.pdf

パブリッシャーズ・レビューの紙版はもう出てるので、お持ちの方はみてみてください。(私は誤字を見つけるのが怖くてちゃんと読めません)

あとでネットでも見られるようになるみたいです。

他の回も面白いです。PDFで読めます。あんまり人のことを言えませんが、マニアックなことばをやってる人たちっているんですね。

『パブリッシャーズ・レビュー』のご案内 - 白水社 

ちなみに最近白水社から出た『オスマン帝国の崩壊』という本がかなり気になります。

オスマン帝国の崩壊 - 白水社

 

イディッシュ語母語話者、ジャック・ハルペンさんの場合

日本にもイディッシュ語母語話者が住んでいます。ジャック・ハルペンさんです。

ジャックさんは色々なことばを話します。新しいことばも勉強していて、この前は勉強したベトナム語で結婚式のスピーチをしたそうです。それだけ聞くと羨ましい限りです。

けれども、以下のエッセイを読むと、ジャックさんが壮絶なる人生を送っているということが伝わってきます。

引っ越しが多かった彼は、行く先々で周りが話していることばを自然と話すようになったようです。しかし、それより前に話していたことばは「隠れ」てしまったそうです。「隠れる」というのが面白い表現だと思いました。

12カ国語達人:「母国語がない」ってどういうこと? (2006年10月05日発行) | 12カ国語達人のバイリンガルマンガと十戒(英語版) - メルマ!

(リンク先の一番下にエッセイがあります)

私は1946年ポーランドユダヤ人の父とロシア系の母との間に生まれました。
(中略)

私は四歳まで西ドイツで過ごし、幼稚園にも行ったので、
ドイツ語は一応四歳の子供のレベルで話せましたが、
家の中ではイディッシュ語を使ってました。

(中略)
私が四歳になった時、一家イスラエルに移住しました。

当時のイスラエルではヘブライ語の他にアラビア語を使う人が多いのですが、
なにしろ世界各国から人々が集まって来ているので、
(中略)

正に世界各国の言葉が周り中で飛び交っている状態でした。

(中略)

私が九歳になった時、
今度はフランスを経てブラジルに移り住みました。
半年も経つと、今度はヘブライ語が隠れてしまい、
その代わりポルトガル語がブラジル人と変わらないほどペラペラになっており、
読み書きは勿論、考える時も夢の中でさえもポルトガル語を使っていた。

(続く)

 詳しくはこちらで:

http://melma.com/backnumber_162766_3377257/

12月末クレズマーライブ

こんなライブがあるみたいです。

日本人でスイスに住んでいるクレズマーミュージシャン新倉瞳さんが他のミュージシャンを率いて来日、ライブをするとのこと。クレズマー関係、けっこういろんな人がいます。盛り上がってるんですね。

f:id:syidish:20171013000258p:image

f:id:syidish:20171013000316p:image

(新倉瞳さんから送られてきたチラシより)

瞳さんからリンクをいただいたのですが、彼女とクレズマーことはこの記事にも書いてありました。

チェリスト新倉瞳がユダヤ音楽バンド活動|エンタメ!|NIKKEI STYLE

いろいろご活躍されてるみたいですごいですね。

 

ところで、日本初クレズマーで海外でも有名なジンタらムータのこぐれさんと大熊さんは、東京外国語大学オープンアカデミーのイディッシュ語講座を受講してくださっています。

こぐれさんと大熊さんは瞳さんとお知り合いみたいです。

 

( ジンタラムータさんウェブサイトより)

 

そういえば、今年度はジャパニーズクレズマーの方々4名がイディッシュ語を勉強してくださりました。何かここからあたあらしいことが起こるといいなと思ってます。

ちなみに、今学期の外大オープンアカデミーの講座の他の受講生は、ブロガーのジェントルマンさん、アーティストさんです。かなりメンバーが豪華です。やっぱイディッシュ独特だなと思っています。私もたくさん勉強させていただいています。イディッシュ旋風が来るといいです!進めぇー!