ユダヤ人と言語

Satoko Kamoshida's Blog 鴨志田聡子のブログ.

エルサレムのこと雑感

さて、最近話題のエルサレムに関わる話です。最初に断っておきたいのですが、

私はどちらかを応援しているわけではありませんので、ご承知おきください。 

私もエルサレムに一年半住んでいました。ヘブライ大学という山の上にある大学の寮にいました。その寮にはいろんな学生が住んでいました。イスラエル生まれのユダヤ教徒、外国生まれのユダヤ教徒(移民)、地元のイスラム教徒、キリスト教徒、外国からの留学生・・・。寮の中では隣人同士、運命共同体なので、どういう立場であろうと、気の合う人とは仲良い人は仲が良いし、そうでない人とはあんまり話さないという感じでした。

日本でも仲のいい人とは、何区、何市、何県出身かとか普段はあんまり意識しないし、関係ないのと同じだと思います。

寮の中に仲の良いグループがあって、色々な宗教の人たちが集まって(ユダヤ人もアラブ人も)一緒に飲んだりしてました。

でも、個人的には仲が良くても、家族や国がかかわってくると、かなり気まずくなるってことがあります。とくにイスラエル独立記念日の時はきつかったです。一方は喜んでいるし、もう一方は沈んでいるし、悲しかったです。

イスラエル独立記念日は地元のアラブ人にとっては、ナクバ(アラビア語です。日本語には大災厄の日と訳すみたいです)です。

パレスチナ問題 - Wikipedia

1998年にドイツのボン大学でドイツ語夏期講座に参加した時のことを思い出しました。韓国からきた学生たちと、日本からの学生たちは結構仲良くしていて、毎日声を掛け合ってたんですが、8月半ば、彼らから全く話しかけてこなかったのでした。その時はドイツ語の授業に出て宿題をするので必死ですので、全然気がつきませんでしたが、ある日本人が「終戦記念日だ!」と気がつきました。第二次世界大戦は私たちの祖父母の世代のことですが、それでも、私たちが日本と韓国に属している限り、関係がありました。日本が終戦(敗戦)記念日の時、韓国は日本から独立したことを祝う光復節というのがあるとのこと。

光復節 (韓国) - Wikipedia

昔韓国人ガイドの金さんから「戦争はやった方はすぐ忘れるけれど、やられた方はずっと忘れない」と言われたことがあります。そのことを思い出しました。

トランプ大統領エルサレムを首都と認めると宣言したことに関して、大きなニュースになっています。

トランプ大統領 エルサレムをイスラエル首都に認定宣言 | NHKニュース

ユダヤ人たちの意見も割れています。ユダヤ人も一枚岩ではありません。いろんなところ人住んでいますし、イスラエルに住んでいるユダヤ人もいろんなところからやってきています。同じところに住んでいても、いろんな生活をしていて、考え方もそれぞれです。

日本人の考え方がみんな安倍首相と同じじゃないのと同様に、ユダヤ人たちの考え方も、イスラエルの人たちの考え方もネタニヤフ首相と同じじゃありません。Facebookなどではアメリカのユダヤ人の人たちが自分たちの(選んでもいない)大統領が今回の決定をしたことへの抗議文を載せていました。そんなには宗教的ではない知識層の人たちに多いです。トランプ大統領を支持すると表明した若い研究者を「フェイク学者」と非難する投稿もありました。あるイスラエル人は、トランプの発表を受けて、最近自宅付近に向かってロケット弾が発射されたとのこと。でも「完璧に迎撃した」とのこと。

私は複雑な気持ちになりながらも、次の瞬間、迎撃システムというものがうまく作動するものでよかった・・・。と、自分の身の安全のことを考えてしまいました。

しかし、また次の瞬間、ハッとしました。もう夕方でした。「やばい、早く家に帰って天ぷら作んなきゃ!」

原稿の締め切りを抱えているし、授業もあるし、毎日生きるのに必死な私は、とにかく家路を急いだのでした。

エルサレムに住んでいる知り合いたちはどうしているんだろう。住んでいる人たちは大変かもしれないし、普段とあまり変わらない生活をしているかもしれないし、ユダヤ人の皆さんはハヌカのお祭りで料理作ったりして忙しいかもしれません。

ハヌカー - Wikipedia

エルサレムの人と原稿のやりとりをしているのですが、首都の話がちょっと気になるから聞いてみたいけれど、原稿を早く仕上げないともう締め切りだし、別の原稿もあるし、「今どんなですか」と聞くのもただの野次馬だし・・・、ああ、今日の夕飯は何にしよう?!、今週末からの出張に無事行けるといいな!、インフルエンザの注射どうなるんだろう?来年うちの子は保育園と学童入れるのかな・・・と、いろんなことを思いながら生きてます。

ということで、こういった大事件のときは、皆さんの立場が表に出るなと改めて思いました。当事者や周りの人々や団体の立場や対立が、より鮮明になるなと思います。

アブロム・スツケヴェル氏とミリアム・トリン氏のこと Dr. Mirim Trinh's Lecture The Great Trajectory of a Great Yiddish Poet: Avrom Sutzkever 1913 – 2010 (2016 in Tokyo)

The lecture "The Great Trajectory of a Great Yiddish Poet: Avrom Sutzkever 1913 – 2010" by Mirim Trinh (At the University of Tokyo in 2016) was translated into Japanese by Satoko Kamoshida. (And Sutzkever’s poetry was translated by Moriyasu Tanaka ans Satoko Kamoshida). It will be published soon in 2018 in the literature journal Реникса (Reniksa).

Information about Reniksa:  CiNii Books - れにくさ : 現代文芸論研究室論集

 イディッシュ語作家の話です。

2016年の秋に、東京大学の沼野義充先生にお願いし、ミリアム・トリン博士(Dr. Miriam Trinh, エルサレムヘブライ大学 イディッシュ・プログラム)を招聘していただきました!

2018年はじめに、その時の講演録の翻訳が、東京大学の現代文芸論研究室から出ます『れにくさ』に掲載されます。ミリアム博士が東大の講演の際に紹介した6つの詩(田中壮泰氏訳。大変だったと思いますが、快く引き受けてくださいました)と、早稲田の講演の際に紹介した1つの詩(鴨志田聡子訳。一つの単語が重層的な意味を持っているし、韻も踏んでいるし・・・だいぶ苦労しました)も載っています。以下に講演の要旨↓(ミリアム・トリン著、鴨志田聡子訳)を載せました。お楽しみに〜。

「偉大なイディッシュ語作家の壮絶な悲劇:アヴロム・スツケヴェル 1913(スモーゴン)-2010(テルアヴィブ)」ミリアム・トリン博士

アヴロム・スツケヴェエル(Avrom Sutzkever)は、1913年にスモーゴン(現在ベラルーシのСмаргонь、Smarhon)で生まれ、2010年テル・アヴィヴ(イスラエルの都市)で亡くなりました。彼は20世紀で最も偉大な詩人のひとりでありながら、イスラエルでもまだほとんど知られていません。なぜかというと、彼の偉大さは原作の言語、つまりイディッシュ語が読める人にしかわからないからです。皮肉なことですが、スツケヴェルを著名な詩人にしたイディッシュ語が、彼を同世代人々、そしてその土地から引き離してしまったのです。

スツケヴェルはヴィルナ(現在リトアニアの首都ヴィリニュス)で育ちました。彼の母語イディッシュ語だったのですが、彼が通ったユダヤ人のギムナジウムポーランド語で教育していました。スツケヴェルが文学の世界を見出したのはポーランド語を通してでした。イディッシュ語世俗文化の素晴らしさを見出したのはその後でした。

スツケヴェルは美しいものを求め、愛しました。シンボルやイメージをもとに独自のことばを創作しました。彼がその題材にしたのは自然、とくに1915年から1921年に幼少期を過ごしたシベリアの自然でした。

1941年6月にナチが旧ソ連に侵攻し、スツケヴェルはヴィルナの他のユダヤ人たちと一緒にゲットーに入れられました。彼は破壊に直面しながらも書き続けました。書くことこそが自分自身を救うのだという彼の信念は、さらに強くなりました。スツケヴェルは詩をつくることに固執したのですが、それに別の意味を持たせる必要があると感じていました。そして創作で道徳的責任を果たすようになりました。書き続けることで、犠牲者たちの記憶を生き続けさせようと。

スツケヴェルは、1944年のはじめに彼のために組まれた特殊作戦によって救出されました。ヴィルナ近郊の森でパルチザンをしていた時でした。特別なヘリコプターが送られ、スツケヴェル夫妻がモスクワに移送されました。旧ソ連の著名な詩人たちとのつながりが彼を助けました。

1944年夏にヴィルナが解放されると、スツケヴェルはそこを訪れました。荒れ果てたゲットー跡で、彼はそこに住んでいたユダヤ人たちの遺産を見つけ出しました。そのほとんどは、彼自身が隠した貴重な本やマニュスクリプトでした。彼は歴史的な遺産を集めてそれらをスツケヴェル・カチャルギンスキー・アーカイブ(Sutzkever- Kaczerginski Archive)に収めました。それらは今日でもニューヨークの東欧ユダヤ研究所(YIVO)やエルサレム国会図書館に保存されています。

1947年9月、スツケヴェルはパレスチナに渡りました。彼は1949年にそこでイディッシュ語雑誌『黄金の鎖(Di Goldene keyt)』を創刊し、1995年にこの雑誌の最終号を出すまで編集長を続けました。この雑誌はイディッシュ語文学や文化の中心的な存在となりました。

スツケヴェルは変化しつつも、ずっと大切にしたことがあります。彼のひらめきの源、自然とそれがもつ魔力です。彼の詩は、彼自身が生涯にわたって親しんだ多様な自然の風景で満たされています。詩の中で紡がれたシンボルや景色には、異なる時期に書かれたものでさえ連続性があります。彼は詩人として、創作というものがもつ美しさと強さを大切にしていました。

過去と現在の複雑な関係を描き出す連続性は、スツケヴェルの署名にも見られます。雪です。雪はいろいろなものを表現しています。まず、彼が幼少期に見たシベリアの雪、そして1941年のヴィルナの雪です。さらに、ヘルモン山の雪でもあります。そして雪は珠玉の光も表現しています。スツケヴェルは珠玉を完璧な世界の象徴として用いています。

スツケヴェルは生涯にわたって完成された世界をテーマにし、イディッシュ語で表現し続けました。彼は外国の雪を詩にのせて密輸し、保存しました。その珠玉はヘブライの砂漠で輝き続けています。 (著:ミリアム・トリン、訳:鴨志田聡子)

この講演について

これは2016年10月17日(月)に科研費研究プロジェクト「越境と変容―グロ―バル化時代のスラヴ・ユーラシア研究の新たなパラダイムを求めて」および科研費研究プロジェクト「イスラエルユダヤ人の言語的多様性:ユダヤに内包されたイスラームの研究」の一環として開かれた、ミリアム・トリン氏の講演です。

ミリアム・トリン氏について

ミリアム・トリン氏は、エルサレムヘブライ大学(イスラエル)でイディッシュ語文学および東欧ユダヤ文学を研究し、イスラエル国内外のイディッシュ語の語学講座で教えて来ました。同氏はポーランドで生まれ、ドイツで育ち、19歳でイスラエルに移住しました。主な研究テーマは東ヨーロッパにおけるユダヤ人の文学で、エルサレムヘブライ大学で博士号を取得しました。ヘブライ語ポーランド語、ドイツ語の文学作品をイディッシュ語に翻訳している他、イディッシュ語の出版プロジェクトにも携わっています。

ミリアム氏と私

2006年から一年半、私がエルサレムで勉強している頃、ミリアム氏が自宅でイディッシュ語の読書会をやっていました。毎週水曜日夜の9時から12時ごろまでみんなで小説を読みました。9時から始まったのは、彼女の子どもたちが寝た後で読書会をやるためです。私もいつかミリアム氏がやっていたような読書会をしてみたいと思っています。できればイディッシュ語で、そうでなくても他の言語でもいいから・・・。彼女とその家族のことは、私の博士論文『現代イスラエルにおけるイディッシュ語個人出版と言語学習活動』(三元社、2014)にも書いてあります。

 

ということで、『れにくさ』(今原稿を校閲してます)の予告編でした。私にとって『れにくさ』に原稿を載せていただくのは一つの目標でもあったので、こういう形で実現して非常によかったです。

レクチャー@朝日カルチャーセンター横浜(2017.1.23)Lecture about Fiddler on the Roof and Yiddish

I'm going to give a lecutre about Fiddler on the Roof in Yokohama!!

ミュージカル、映画の『屋根の上のヴァイオリン弾き』を題材としたレクチャーをします。以前、早稲田のセカンドアカデミーで開講した時に、大きな反響をいただきました。今回の会場は朝日カルチャーセンター横浜です。

この冬、このミュージカルが市村正親主演で上映されます。

主人公のテヴィエとその娘たちの話は、イディッシュ語話者の先生たちとイディッシュ語で小説を読んでいる時にも、しばしば出てきます。今でもユダヤ人、日本人、そしてそのほかの人々によく知られている作品ですので、新しく友達になったユダヤ人との話題作りにはもってこいです。

テヴィエの娘たちは、みんな勝手に相手を決めてきただろう!と。テヴィエと妻の時代は、結婚仲介人(世話好きの近所のおばさん)のおすすめや親などの意向が尊重されていました。世代にちょって、人々は変わっていくのですね・・・。切ないけれど、どれでこそ次世代の活躍が期待できるというわけで、ポジティブに行きましょう!

ということで、結構日本の社会との共通点も見えてきたりして、主人公たちの状況が身近に感じます。

youtu.be

www.tohostage.com

 

この作品の原作はイディッシュ語でした。私はイディッシュ語をとっても愛しており、専門の一つにしています。なので、テヴィエの活躍に便乗してイディッシュ語の話もさせていただきます。www.asahiculture.jp

アコーディオン・コンサートのお知らせ

クレズマー奏者の松本みさこさん、我らが荒川区のトンボ楽器の会長と社長も出演されるので宣伝します。私も行きたいです〜。行けるんだろうか。。。

f:id:syidish:20171124000636j:image

トルコの雑誌

2017年の8月に、自分の研究の用事でイスタンブールに調査に行きました。そのときに私もインタビューを受けまして、現地に雑誌に載せていただきました。

 

f:id:syidish:20171127221058j:image

f:id:syidish:20171127221024j:image

 

広告を非表示にする

トンボ楽器のアコーディオン・リサイタル

今日は松本みさこさんというアコーディオン奏者の方と生徒さんたちが、アコーディオンの発表会をされるということで、イディッシュ語でちょっとかかわった私もお邪魔しました。かなり楽しませていただきました。

ソロ部門で色んな方々順番に一曲ずつ披露されてました。まず、ステージの上でみなさん緊張されてるのがよくわかりました。立たれるだけでもすごいことですよね。。。次に思ったのが、演奏に魂こもってるなってことです。

特に発表会に至るまで、途中、半身不随になられても、千回以上練習されたという生徒さん(といっても人生の大御所でした)の演奏には、心をうたれました。

不思議なところに皆さんどこかでつっかえたとか、演奏に心残りが。。。とかおっしゃってたんですが、きいている方としては意外とその間から生まれる緊張感が「落ち着いて」「ここ難しいのかも(全くの素人で難易度を知らないのけど)」と思え、みなさんと一体になれたような錯覚を覚えました。

ソロの演奏の前後に生徒さんの最近の人生紹介もありました。コンクリートと喧嘩して歯が欠けた方、飼い猫が喧嘩して困ってる方など、最近たくさん良いことがあって今欲しいものは時間だけの方など、いろいろお話を伺うと、演奏への理解が進みました。

音楽ってすごいなと思いました。

上手い下手とか、生徒さんの中ではいろいろあるのだろうと察しますが、技術レベルよりも大事なものがある気がしました。(技術ゼロの私が偉そうなこと言えませんがここに書きました)

そもそもこの会はハーモニカ - アコーディオン - トンボ楽器製作所の松本さんのお教室の発表会なのです。

トンボ楽器の会長、社長、松本さんの特別演奏もありました。かっこよかったです。大御所の会長がかっこよく弾けるっていいな!!私もとにかくイディッシュ語頑張ろうって思いました。かっこよさが欲しいですね。(それで何かの会長になるんだろうか。。。)

演奏中にアコーディオンの蛇腹が開いたり閉じたりするのを見てました。私は演奏を見ながら、右と左の手の伴奏が心と頭で考えたことで、蛇腹の呼吸を使ってスピーカーから外に出すというイメージをしました。人間の呼吸のように感じられました。生きてる、魂の演奏!とひとり感動し、涙が出てしまいました。

ソロの前半の方々が終わったところで、クレズマーのジンタラムータさんと玉置さん、お名前は失念してしまったのですが、他の上手な方々を交え、「オデッサで」というイディッシュ語の曲が披露されました。感動的でした。ありがとう〜!!

観客の中には「これクレズマーって言うんだよ」ととなりの人に説明してる方もいらっしゃり、クレズマーも知られてよかったなあと思いました。皆さんの情熱とクレズマー(そしてイディッシュ語)の良さのおかげかと思います。

後半はベテランの方々の演奏で、すごかった。。。

それにしても、アコーディオンの蛇腹があんなに人生を感じさせるものとは。。。そして松本さんが本当に素敵な先生だからあんなに素敵な会になるんだなあと、松本さんの素敵さを改めて確認しました。

それと、発表会をやるって良いなって思いました。これからイディッシュ語でもやろうかな。。。と思ったけど、すでに何回かやってます。2017年の夏期集中では3日目(最終日)にグループでスキットをしていただきましたが、非常によかったです。

最後になりましたが、トンボ楽器さん(荒川区)ありがとうございました。会長さんの「やりたいことがあれば、からだの免疫力があがって元気になっちゃう」というお話はくじけた時に思い出そうと思います。

いつかゆいの森(荒川区)でコラボしていただきたいです。

今後もアコーディオンやクレズマーのイベントあるようですよ。

 

見えない・きこえない世界

東京大学の先端科学技術センター(私も研究員として所属してます)で、映画『もうろうをいきる』先端研上映会とトークセッション | イベント | 東京大学がありました。

この映画は、都内のいくつかの映画館で公開されています。予告編だけでもぜひご覧ください↓。

youtu.be

(映画『もうろうをいきる』公式サイトはこちら)

将来的には全ての映画に字幕と音声をつけようとしている大河内直之先生たちが開発されているアプリUDCastの紹介もありました。

(UDCast - 全てのコンテンツに字幕と音声をはこちら)

『もうろうをいきる』は、もうやろうの人、全もうの人が出てくるドキュメンタリー作品です。見えない、きこえない環境でその人たちが周りの人たちとどのような関係を築いて人生を歩んでいるのかが描かれています。

出演者の人生が描き出されていてとても感動的でした。私も途中何度か涙を流しましたが、会場には他にも泣いている人たちがいました。

司会進行、トークセッションでは手話通訳に加えて、文字通訳もありました。全もうの福島智先生は指通訳で参加していました。UDCastでも内容が終えたとのことです。

トークセッションでは、私は主に耳からきいた情報で内容を理解していました。ただ、ちょっときき逃したり、自分の中で内容を整理しきれなかったときは、しばしば、左のスクリーンに書き出されている話の内容を見ました。誤解を恐れずに正直なところを言うと、とても助かりました。

特に熊谷先生のお話は(自分にとってかなり新しいテーマだったのですが)、自分の研究と関係が深かった・・・。

最近目があまりみえなくなってきているという人が会場にいらっしゃいました。フロアからのコメントを求められたとき、こんなことをおっしゃってました。サポートがあっても映画の内容を追うのが精一杯だった、自分にとって(見えてたときは)映画は娯楽だったんだなと思ったとか、ずっと内容を追っていくのが大変だったから途中休憩を入れて欲しかったといったことでした。

彼が大変だったというのは、外国語学習を始めたばかりのときに、必死で字幕をみながら映画の内容を理解しようとするときみたいな感じでしょうか。今まで見えていたものが見えなくなっていくときの不安や複雑な思いを抱えながらのことだったんじゃないかと想像します。

そんな中、私はイスラエルに留学しているときのことを回想しました。私はもうの先生にイディッシュ語で研究の指導をもらっていました。先生はたくさんの本を読んでいて、たくさんの人を知っていました。熱湯を使って、紅茶を入れて、お茶菓子にモーツアルトチョコを出してくれたこともあります。そんな先生があるとき、「ぼくも目が見えなくなったときは最初はパニックだったよ」と話してくれました。

途中から見えなくなる人は、状況に慣れるまではかなり大変なんだろう、そして、だんだん見えなくなる時はとても怖いんじゃないかと想像します。

映画『もうろうをいきる』をみて、言語とかコミュニケーションというものについてもう一度考えました。とくにもうの人との会話についてです。私はイディッシュ語ヘブライ語は話せるけど、日本手話は5つくらいのことしか話せません(しかもかなりあいまい)。メールでは直接話せる相手と、会った時は手話通訳をしていただかないと話せません。相手のことばが話せたら、もっと距離感が縮まるんだうなと思いました。

今年の夏にエジプトやトルコに行ったときに、現地の人とのコミュニケーションの際、アラビア語が話せればとかユダヤスペイン語(ラディノ語、ジュデズモともいう。イスタンブルユダヤ人の中にまだ話せる人たちがいる)が話せれば・・・と悔やんだことを思い出しました。

単に言いたいことが通じることばかどうかっていうだけじゃなく、そしてそれぞれの人の心に突き刺さる・響くことばかどうかっていうのがあるんだろうって私は考えてます。

トークセッションが終わり、イベントがおひらきになった頃、手話通訳の方々(何人かが交代でやっている)が、ここの手話はこんな風にしていたけど、こうした方がいいよとか、反省会をされているのを垣間見ました。毎回鍛錬を重ねられているんでしょうね。私も頑張ろう!と思ったのでした。

また今回の会場では、さまざまな言語が飛び交っていました。「そこにいた人たちの頭や心の中ではいろんな複雑な情報が整理されていたんだろうな」などと考えながら代々木上原箱根そばで天ぷらそばを食べたのでした。

トークセッションの登壇者:
登壇者:西原 孝至(監督)、山上徹二郎(本作企画・プロデューサー)、熊谷晋一郎(先端科学技術研究センター 准教授)、福島智(先端科学技術研究センター 教授・本作出演)
司会:大河内直之(先端科学技術研究センター 特任研究員・本作企画)