ユダヤ人と言語

Satoko Kamoshida's Blog 鴨志田聡子のブログ.

「使ってみよう!イディッシュ語初級Ⅱ」の開講が決まりました

Let's learn Yiddish together in Tokyo!!

東京外国語大学オープンアカデミーのイディッシュ語講座の開講が決まりました。

今回は、すでに一年くらいイディッシュ語を勉強されている方々と、

これから文字を勉強するという初心者の方々が半々で受講されます。

歌など混ぜながら、楽しく勉強できればと思います。


「使ってみよう!イディッシュ語初級Ⅱ」
(本郷・昼間) B1710009
会場名 本郷サテライト

曜日・時間 木曜日 14時00分~15時30分
開講日 2017年10月5日〜2018年2月15日
(休講日 11月23日、12月28日、1月4日)
http://www.tufs.ac.jp/common/open-academy/course/list/yiddish/index.html

朝日カルチャーセンター横浜「聖地のクリスマス」

だいぶ先の話になりますが、12月23日にレクチャーをします。

皆さんはクリスマスと聞いて、どんなことを思いますか?

私はエルサレム留学前までは、とりあえず、プレゼントとイルミネーション、チキンという、これはとにかくやっておきたいという商業的なイベントをイメージしました。それから聖劇と様々な聖歌、劇の最後に全員で歌うハレルヤのことを思い出しました。というのも私は中高6年間カトリックの女子校に通っていて、そこで聖劇をしていたからです。練習やリハーサルを含めて何度観たでしょうか。そこでクリスマスは、とってもヨーロッパ的だなあというイメージを持ちました。以前は、砂漠とヨーロッパのミスマッチについて、考えたこともありませんでした。

 

しかし、エルサレムに留学して、クリスマスのイメージはぐっと質素であたかいものに変わりました。

留学中、せっかく聖地でクリスマスを迎えたわけですが、研究と宿題に追われ、街中に目立ったイルミネーションなども見られない中、クリスマスのことも忘れかけてました。

研究のために調査先に行くとクリスマスと近い時期にあるユダヤのお祭りハヌカのドーナツがもらえたので、ハヌカだなあという意識はありました。

ある日、ヘブライ語のクラスメイトだったドイツ人から、「エルサレムからベツレヘムまでみんなで歩くんだけど一緒に来ない?」と誘われました。翌日普通に授業があったので、やや迷ったのですが、せっかくの機会なのでと思い、ドイツ人の若者たちと一緒に何時間かかけてベツレヘムまで歩いて行ったのでした。ハヌカもクリスマスも地味だったんですがあたたかかったです。その辺りのエピソードをお話しします。

以下、朝日カルチャーセンターのウェブサイトより。

 この講義では、クリスマスの時期のエルサレムベツレヘムの様子について、講師が自身の経験をもとに紹介します。旧市街の教会でのミサ、ベツレヘムのクリスマスイブ、そしてクリスマスの時期のユダヤのお祭りハヌカについて知り、この地域の人々の冬の過ごし方について理解を深めます。ユダヤ人の光の祭りハヌカでは、ロウソクに光を灯し、家族や友人たちと歌い、語らいます。エルサレムベツレヘムもヨーロッパや日本と同様に北半球にあり、冬は寒いです。そんな中、こうした人と人とのつながりが冬の砂漠をあたためています。授業ではヘブライ語ハヌカの歌を皆で一つ歌おうと考えています。(講師記)

以上、

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/3a0ea88a-4a1d-aeae-ff11-594b6ac705d0

を転載

 

 

地球ことば村「ユダヤ人の多様な言語」ご案内

10月14日慶応義塾大学三田キャンパスで開かれることばのサロンというところで、イディッシュ語トラディノ語(ジュデズモ、ユダヤスペイン語)の紹介をすることになりました。私は8月にトルコでラディノ語話者やその子孫に会って話を聞いてきました。その時のエピソードも交えてお話しできればと思っています。もしご都合があえば、どうぞお気軽にお越しください。

詳しくはこちら:

http://www.chikyukotobamura.org/forum/forum-top.html#salon2
イスタンブールの街角

 

こちらのサロンは、特定非営利活動(NPO)法人「地球ことば村・世界言語博物館」によって運営されています。

以下NPOのウェブサイトより転載です。

ーーーーーーーーー

10月のことばのサロン

ユダヤ人の多様な言語―イディッシュ語とラディノ語を中心に(仮)」

日時:10月14日(土)14時~16時30分
話題提供:鴨志田聡子(東京大学大学院/イディッシュ語・中東地域研究)

会場:慶応義塾大学三田キャンパス 西校舎514教室
   (JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
   アクセス・キャンパスマップ

参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

 

サロンの内容
 みなさんご存知の通り、日本語にも数え切れないほど方言があります。私の故郷は静岡県富士宮市です。なので誰かが富士宮やその周辺のことばを話しているのをきくと、なにか熱い気持ちがこみ上げてきます。
 さて、ユダヤ人の言語にもいろいろあります。ヘブライ語だけでしょう?という人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。少なく数えても10以上はあります。ユダヤ人たちは、世界中で移住を繰り返しました。移住先で新しい言語を作り、その言語と一緒にまた移住しました。その代表がイディッシュ語とラディノ語です。イディッシュ語はドイツ語に似ていて、ラディノ語はスペイン語に似ています。けれどもどちらも独特な言語で、例えばドイツ語を話せるからといって、すぐにイディッシュ語を話せるようになるわけではありません。経験を積んで身につける必要があります。
 一般的にこれらの言語を話す人たちの人数は、年々減っていると言われています。ただ、先祖が同じ言語を話していたということで、繋がりが維持されています。私はアメリカ、カナダ、イスラエル、トルコなどでその人たちに実際に会って話を聞きました。今回は彼らの話を交えてこれらの言語をご紹介します。

http://www.chikyukotobamura.org/forum/forum-top.html#salon2

より転載

 

Yiddish Summer Program in Tokyo 2017 イディッシュ語夏期講座が無事終了しました!

Today was the final day of Yiddish Summer Program in Tokyo (29-31. Aug. 2017, TUFS Open Academy). I enjoyed it very much. When students learn a lot, a teacher learn a lot. I really thank my students who have learnt Yiddish with me and my teachers who have taught me. I want to teach with my Yiddish teachers from abroad in Japan. And also, I want to improve my Yiddish. 
(P.S. We talked about Ladino and listened Sephardic Music also:))
東京外国語大学オープンアカデミーでの、3日間集中講座をしました。受講してくださった方々、講座設置、宣伝(口コミ含む)、事務、印刷、気合いなどなど各種分野で支えてくださったたくさんの方々、本当にありがとうございました!何よりも、楽しかったです。

北海道と沖縄の方が来てくださったのは驚きでした・・・。

いろいろな言語を勉強しイディッシュ語が百個目の言語という方、学校の先生方(教授含む研究者)、演出・脚本家、翻訳家、語学の教材を作っている音楽家の方、そしてマニアックな高校生などなど各分野の専門家の集まりでした。私にもたくさん勉強させてくださり、ありがとうございました。資料の誤字脱字や私がよくわかってないこともたくさんあったのですが、受講している皆様方が、解説、ツッコミ、朗読、翻訳してくださり、非常に助かりました。みなさま活発に発言してくださり、会話練習ものってくださり、かなり充実していました。頼りない講師に優しくしてくださり、ありがとうございました。

日本で自分と一緒にイディッシュ語をやってくれる人たちがいるなんて、ちょっと前まで全然想像できませんでした。世の中、想像もできないことが起こるもんだなあと思います。

受講生の皆様へ。今後バラバラの生活になりますが、できれば文字を忘れないでください。

f:id:syidish:20170901002048j:plain

f:id:syidish:20170901002044j:plain

東京外国語大学オープンアカデミー

春夏学期が終わりました。全17回、長い講座ですが、みなさま最後まで頑張られ、かなりイディッシュ語が読めるようになりました。

今回は平日の昼間という時間帯のせいか、イディッシュ語がまだマイナーすぎるのか、なんと3人+1人(わたし)という少人数の贅沢なクラスでした。少人数だと上達も早い気がします。

受講生3人のうち、お2人は去年の夏期集中からイディッシュ語をはじめました(去年の夏期講座終了日はたまたま去年の今日。つまり8月3日でした)。講座がない期間はなんと自習で語学力を維持されていたそうです。春になって再会してもう一度一緒に読んだときは、お2人ともキープどころか上達していて感動的でした。残りのお1人は中国語のエキスパートでありながら、なぜかポーランド語もでき、今学期からはじめたイディッシュ語もかなりできるようになってしまったというすごい方でした。

下の写真はお3方が最後から何回目かのクラスで、ホワイトボードに書かれたものです。音を聞いただけでここまで書かれたように記憶しております。

物語などを読んだときは、日本語でしっくりきそうな訳語を出し合ったり、内容について話し合うこともできるようになりました。イディッシュ語を4人で楽しめるなんてすごいなあと思いました。これも予習復習、やる気のたまもの!

幸せでした。ありがとうございます。また秋にお会いできると良いです!

f:id:syidish:20170803234748j:image

一緒に読んでくれたみんなありがとう

f:id:syidish:20170803233304j:image

東大でのイディッシュ語の授業が7月に終わりました。イディッシュ語を一緒に読んでくれる人が増えて本当に嬉しかったです。少人数だったので、それぞれの人がどうすごいかがだんだんわかってきました。

成績つけなきゃいけないんですが、素晴らしさは、数字だけじゃ表現できないですね。いろいろ考える機会にもなりました。

せっかくだから続けられるといいなあと言ってくれた人もいました。私もそう思います。

とりあえずは秋から外大のオープンアカデミーでイディッシュ語講座を予定しています。

東大でも貴重な機会をいただき、感謝しています。ありがとうございました!
My Yiddish course at the University of Tokyo was over. Now I have more people who can talk about Yiddish. We read Serele un Berele and it was a lot of fun (at least for me). Some of students (at this university and others) said that they wanted to continue. Me too. (Photo: We had three more students in the class.)

f:id:syidish:20170803233248j:image

イディッシュ、まず何をやれば良いのか?

去年の夏からイディッシュ語を勉強している方で、かなりイディッシュ語を読めるようになった方がいらっしゃいます。そのうちのお一方が、イディッシュ語初学者が、まず何をすれば良いか書いてくださっています。

まずは文字です。ヘブライ文字をやらないでイディッシュをやることもできなくはないですが、文字がキモです。途中で行き詰まるので、最初からやってしまった方が良いです。ひらがなとカタカナの50音を覚えて、漢字もたくさん覚えられた方々なら、きっと大丈夫です。22文字程度です。

milestone-milestone.blogspot.jp

 そのあと、すぐに

イディッシュ語|アカデミー講座|東京外国語大学 オープンアカデミー

という講座を受講していただければ、効率が良いと思われます。

もしくは、ご自分でYiddishPOPでどんどん勉強を進めていくことも可能です。

milestone-milestone.blogspot.jp

本当はもっとちゃんとご紹介させていただきたいのですが、取り急ぎサイトの紹介をさせていただきます。この方は、毎回私の授業に来てくださり、復習内容やさらにご自分で調べられたこと、感想などをウェブサイトに書かれています。

MileStone 이선희 팬: 始めの 歩 イディッシュ語の検索結果

MileStone 이선희 팬: イディッシュ語の検索結果

講師として大変感謝するとともに、尊敬しています。受講者の方に支えられて、外大のオープンアカデミーのイディッシュ語も初日からもうすぐ一年が経とうとしています。

4月からの講座は無事終わりそうです。10月から続きの講座があります。もしよろしければ夏期講座をのぞいてみてください。まだ残席があります。

東大と外大でも今イディッシュ語の授業をしているのですが、今学期で終わります。

後期はないですので、今のところ、イディッシュ語講座は、外大のオープンアカデミーのみ開講となります。

関東でイディッシュを勉強する仲間が欲しい、一人だと続かないかも、ちょっとでいいからみてみたい。という方は、まずは外大の夏期集中講座を取られるのが手っ取り早くお得だと思います。

8月いっぱいまでは時間の余裕がないのですが、9月以降は、個人・グループ向けのレッスンもしようかと考えています。ご興味をお持ちの方は、Facebook経由でご相談いただければと思います。