ユダヤ人と言語 Jews and Languages

Yiddish in Japan みんな何かでマイノリティ

夏期集中講座 初中級

In a Summer Intensive course at TUFS Open Academy (Aug 28-30, 2018), we read der onheyber by D. Bridger (1947) and very short atory by S. Aleichem and a poetry by Sutzkever. The students were only two but great!!

東京外国語大学オープンアカデミー夏期集中講座イディッシュ語初中級を開講しました(2018/8/28-30)。今回はベテランの方2人という超少人数だったので、用意したテキスト(Der Onheyber, D. Bridger 1947)をどんどん読み進めました。テキストはこちら:

f:id:syidish:20180830154009j:image

余談ですが外大のキャンパスも緑がきれいで気分が上がりました。

f:id:syidish:20180830155127j:image

f:id:syidish:20180830155142j:image

季節外れではありましたが、挿絵にもひかれ、ユダヤ人の出エジプトを祝う春の行事ぺサハ(過越祭、パスオーバー)についてのお話をいくつか読みました。

f:id:syidish:20180830154942j:image

Der Onheyber, p. 108

せっかくだったので、さらにショーレム・アレイへムの超短編一つ、アヴロム・スツケヴェルの詩を一つ読みました。文学は読むのに時間がかかりますが、味わい深いですね。受講生の方々おつかれ様でした。