ユダヤ人と言語 Jews and Languages

Satoko Kamoshida's Blog 鴨志田聡子のブログ.

Ms. Irena Sendler イレーナさんのこと

4月19日の外大オープンアカデミーのイディッシュ語の授業で、イディッシュ仲間が、ポーランド人Irena Sendlerさんについて紹介してくれたからです。(香港で買ったという)台湾の本に書いてあったことを、彼はスラスラと全部日本語に訳してくれたのでした。大変勉強になり、本当にありがたかったです。
(彼の翻訳はすごく素敵でした。)
イレーナさんについてかんたんに言うと、たくさんのユダヤ人の子どもを救った人です。でも、彼女は別に自分がすごいことをしたとも思っていなくて、むしろ救った事実をひたかくしにして生きてきたようです。彼女の心の強さと情熱に、本当に感動しました。その後ポーランドホロコーストに関連する映画を紹介したら、涙が出てきてしまいました。

授業のことはマイルストンさんがブログでも紹介してくださいました:
(授業で歌ったYome Yomeの思い出を語る女性↓)
milestone-milestone.blogspot.jp

イレーナさんがユダヤ人を救ったことを隠して生きてきたこと、「もっと救えたのに」と悔やんでいたということを聞いて、前にテレビで見た第二次世界大戦の帰還兵の人たちのインタビューを思い出しました。仲間は死んだのに自分は生きて帰って「しまった」
と語っていました。おじいさんが心に辛い傷跡を残しながら生きてきたんだと思うと、悲しくてテレビの前で一緒に泣いてしまった気がします。
私の祖父は二人とも戦争から生きて帰ってきました。父方の祖父は、父が幼い時になくなりました。母方の祖父は無口な人で、たまに川で水浴びして(お風呂には入らなかったようです)、たまにアジアのどこかに行く不思議な人でした。でも、祖父たちのことはほとんど知らないままです。
5月にはイレーナさんの命日があり、その際駐日ポーランド共和国大使館がフェイスブックに彼女について投稿しました。ポーランド語の後に日本語が続きます。

[PL/ENG/PL] #OTD 10 lat temu zmarła Irena Sendlerowa – polska działaczka społeczna, Sprawiedliwa Wśród Narodów Świata, która ze współpracownikami z warszawskiej opieki społecznej i organizacji Żegota pomogła wielu uciekinierom z warszawskiego getta. #PL100 🇵🇱 Kiedy za jego murami Niemcy zamknęli jedną trzecią mieszkańców Warszawy, Irena Sendler i jej koleżanki – posługując się legalnymi przepustkami – pod pretekstem kontroli sanitarnych przemycały do wewnątrz jedzenie, leki i pieniądze. Po rozpoczęciu przez Niemców akcji likwidacyjnej, we współpracy z Żegotą Sendlerowa organizowała akcję ratowania dzieci z getta i ukrywania ich po aryjskiej stronie. #CzyWieszŻe po wojnie Sendlerowa dalej pomagała dzieciom? W zniszczonym mieście m.in. organizowała domy dziecka. Za wszystkie te zasługi została wielokrotnie nagrodzona, w tym – na rok przed śmiercią – Orderem Uśmiechu, międzynarodowym odznaczeniem nadawanym za działania, przynoszące dzieciom radość. #OTD 10 years ago Irena Sendler died – a Polish social activist, Righteous Among the Nations, who together with members of Warsaw social welfare circles and the Żegota organisation helped many fugitives from the Warsaw Ghetto. #PL100 🇵🇱 When the Germans walled off one-third of the residents of Warsaw, Irena Sendler and her friends – using legal passes – smuggled food, medicine and money inside, under the pretext of sanitary control. After the Germans started their liquidation campaign, Sendler together with Żegota organised a mission to save children from the ghetto and hide them on the Aryan side. #DidYouKnow that Sendler continued to help children after the war? In a destroyed city, she organised orphanages. She has been distinguished many times for these efforts including – one year before her death – with the Order of the Smile, an international decoration awarded for activities that bring joy to children. #OTD 10年前の今日、イレナ・センドレルが息を引き取りました。彼女は社会活動家、「諸国民の中の正義の人」として ワルシャワ社会保護担当部局、そしてユダヤ人支援会議「ジェゴタ」と共にワルシャワ・ゲットーで迫害される人々の救済を行いました。#PL100 🇵🇱 ドイツによりワルシャワ市民の3分の1がゲットーの壁の向こう側に閉じ込められていた時、イレナ・センドレルと彼女の同僚は合法の通行証を持ち、衛生検査という口実のもとでゲットー内に食糧、医薬品、金銭を持ち込んでいました。ドイツ軍による虐殺行為が始まると、ジェゴタとの協力のもと、子どもたちをゲットーから救出してアーリア人街側に匿う活動を指揮しました。 #DidYouKnow 戦後もイレナは子どもに手を差し伸べる活動を続けました。破壊された街での「子どもの家」の始動はそれを代表するものです。これらすべての活動に対し、いくつもの勲章を授けられましたが、中でも亡くなる1年前のOrder of the Smile(子どもに幸せをもたらす活動に対し授けられる国際的な勲章)は彼女の活動を象徴するものでした。

広告を非表示にする